舞妓さんのお支度をしてきました【イベントレポート】

こんにちは! スタイリストのみどりです。

先日2019年11月4日に、袋井市の油山寺で開催された「西部美容組合主催 創作舞妓」のイベントに、先生、めぐちゃん、私の3人で参加してきました😃
その様子をレポートします!

[写真]舞妓さん勢ぞろい
総勢20名ほどの舞妓さんが勢ぞろい!圧巻です!

「創作舞妓」とは?

「創作舞妓」は、静岡県西部の美容師で構成する「西部美容組合」というところが、お互いの技術力の向上・研鑽のために毎年行なっているイベントです。

モデルさんは中学生でした。初めての振袖なのに、長時間よく我慢できました!

まずは、めぐちゃんが「日本髪」を結い上げます!

みどり

めぐちゃん、日本髪を結い上げる時に難しかったところはどこですか?

めぐむ

鬢の張り方、角度が難しかったです。

続いて、私が「メイク」

人生初!の白塗りでした。舞妓さんのメイクは見ての通り普段のメイクと全然違います。白く仕上げたいけれど、白すぎるとバカ殿みたいになってしまうし薄いと肌色が見えてしまうのでちょうど良い所に持ってくのが難しかったです!創作舞妓とはいえ、白さ具合が肝だと思っていたのでスタッフにモデルをしてもらったり、自分の顔を何度も塗って納得のいく白にたどり着くまで練習しました。 

お昼を挟んだので、メイク直しは必須です!直すのも大変でした。。

最後は、先生が「着付け」をして仕上げます!

みどり

先生、舞妓さんの着付けをしてみてどうでしたか?

先生先生

普段の着付振り袖と違うお支度をさせて頂けてとても楽しかったです。

完成したら、お庭で撮影!思ってる以上に沢山のギャラリーとカメラマンに少し戸惑いつつも、しっかりとポージング出来ました♪

今回創作舞子作りを経験して、それぞれ美容師としての引き出しをまた一つ増やすことが出来ました。とても貴重な経験だったと思います。これからも積極的にイベントにも参加したりして日々精進してきたいです。

この記事を書いた人

みどり

1987年生まれ。AB型。磐田市出身。
専門学校卒業後、カモミールへ就職。厳しいオーナーのもとでビシバシと鍛え抜かれ、アシスタントを経てスタイリストへ。パワフルで楽しいおしゃべりが大好き。特に10〜50代の男性のヘアスタイルづくりが得意。